イメージ画像

吹田市の市営葬儀

吹田市では、民間の葬儀社に依頼をして「市営葬儀」を執り行うことが出来ます。
尊厳を持って故人を埋葬できるように、低価格で葬儀が出来るようになっています。
仏式・神式・キリスト教式と主要な宗教に対応しています。
仏式だけランクが百合・菊の2種類から選べます。
低価格な葬儀ですが、斎場使用料や会葬礼状、盛花など、葬儀に必要なものが一部含まれていないので、注意が必要です。
市営葬儀であれば、一般的な葬儀費用よりも安く葬儀を執り行うことが出来ますが、最近では市営葬儀を超える葬儀が出現してます。
村野武範さんがイメージキャラクターを務める「心に残る家族葬(http://www.sougiya.biz/)」もその一つ。
直葬で17万5千円、告別式・式中初七日を執り行う一日葬で33万5千円、通夜・告別式・式中初七日を執り行う家族葬で49万5千円と一般的な葬儀の1/3から1/5程度の価格で葬儀が出来ます。
しかも、この中には、生花祭壇・お棺・お棺用布団・仏衣・収骨容器・自宅飾り・枕飾りなどの葬祭品はもちろん、斎場使用料や火葬料・ご安置料金・葬儀スタッフなど、通常別料金となるものまで全てを含んだ総額表示なので、追加費用の心配がありません。
下記の公式サイトには、具体的な葬儀プランが多数掲載されています。
また、実際にご利用頂いた方のアンケートも多数掲載されているので、是非ご自身の目でチェックしてみて下さい。

葬儀 吹田市|心に残る家族葬
葬儀 吹田市|心に残る家族葬

死亡届の提出をお忘れなく!

人が亡くなったら、その死を知ってから7日以内に死亡届を提出することが義務付けられています。
(外国で死亡した場合は、3ヶ月以内)
死亡届を提出する際には、医師が発行した死亡診断書を添付することが義務付けられています。
これは、未然に事件を防止するためです。
そのため、ご自宅で亡くなった場合には、医師を呼んで検死を受けて、死亡診断書を貰う必要があります。
死亡届を提出しないと火葬許可が下りないため、通常は葬儀社がこの作業を代行してくれます。
死亡届

葬祭費が支給されます!

国民健康保険・後期高齢者医療の被保険者が死亡した場合、吹田市から葬祭費が支給されます。
※社会保険に加入している方の場合は、「埋葬費」がその保険から支給され、吹田市役所からの葬祭費は貰えません。
吹田市民は、国民健康保険の場合が3万円、後期高齢者医療の場合が5万円、支給されます。
注意点は、申請をしないと貰えないという点です。
保険証を返す際には、忘れずに申請をするようにしましょう。
葬祭費

遺族年金

一家の大黒柱が60歳未満で亡くなった場合、遺族年金が支給されることがあります。
最も一般的な遺族年金が「遺族基礎年金」です。
これは、遺された子供がいる世帯のための年金になります。
子供とは、18歳未満(障害者1級・2級の場合は20歳未満)を指します。
ベースとして786,500円が支給され、子供1人につき226,300円、3人目以降は75,400円が支給されます。
遺された妻のための年金は「寡婦年金」と呼ばれています。
この遺族年金に該当する場合、妻には60歳から65歳までの間、本来夫が受給するはずであった老齢基礎年金の3/4が支給されます。
遺されたご遺族のための遺族年金が「死亡一時金」です。
国民年金の納付期間によって、ご遺族に支払われる一時金は変わります。
遺族基礎年金以外は、せっかく国民年金を支払っていたのに受給前に亡くなってしまったことに対する経済的デメリットを少しでも埋めるために存在しています。
遺族年金

DIY葬儀

「DIY葬儀」と呼ばれる手作りの葬儀が話題を呼んでいます。
葬儀社に頼るのではなく、大切な方を自分たちの手で埋葬したいという心の表れですね。
強者になると、祭壇までも自作をしたとのこと。
今は生花祭壇が人気ですから、お棺をお花で飾るだけであれば、どなたでも出来る作業ですね。
過去の葬儀業界はぼったくりがひどく、そんな葬儀を過去に体験した人がDIY葬儀に流れているそうです。
自身で葬儀をすると、その作業中に故人との思い出がよみがえり、心が温かくなるそうです。
お時間のある方は、是非、DIY葬儀で大切な方を埋葬して下さい。

このページの先頭へ